Githubに公開されているKiCadのフットプリントを使用する方法


フットプリントライブラリにGithubレポジトリURLを指定することで、公開フットプリントライブラリをKiCadから直接使用できる。

KiCad 4.0のフットプリントはパッケージに含めて配布するのでなく、Githubで公開されているライブラリをアクセスするようになりました。その結果パッケージのアップデートに関係なく常に最新のライブラリを使用できます1

またGithubを直接アクセスできるようになったので、公開されている自作ライブラリーもダウンロードすること無く直接使用できるようになりました。これでライブラリーを管理する手間が大幅に削減できます。

ここではGithubで公開されている自作フットプリントライブラリをKiCadで使用する方法を説明します。

公開フットプリントライブラリのURLを設定

公開フットプリントライブラリを使用するには、その場所をKiCadに教える必要があります。そのための設定方法は次のようになります。

  1. フットプリントエディタを起動する。
  2. 設定メニューの「フットプリントライブラリの管理」を選択して「PCBライブラリ一覧」ダイアログを開く。
  3. 使用したい公開フットプリントライブラリをこのプロジェクトだけで使いたいのか、他のプロジェクトでも使用したいかに応じて「プロジェクト固有のライブラリ」と「グローバルライブラリ」のタブを選択する。
  4. 「ライブラリの追加」ボタンをクリックする2
  5. 追加された欄に次の表のように指定する。
  6. 「OK」ボタンをクリックして「PCBライブラリ一覧」ダイアログを閉じる。
別名(ニックネーム) ライブラリのパス プラグインの種類 オプション 説明
識別できる好きな名前。ここの設定内容は、ライブラリーを選択するときに使用されます3 公開フットプリントライブラリのレポジトリのURL4。環境変数を参照することも可能です。 Github 空欄または別名と同様に簡単な説明。

github-lib-setup

フットプリントエディタで設定方法を説明しましたが、基板エディタ(Pcbnew)やコンポーネントとフットプリントを結びつけるCvpcbからもこれと同様に設定できます。

公開フットプリントライブラリを使用できるか確認

設定した公開フットプリントライブラリを認識できているかフットプリントビューアで確認してみます。

  1. 基板エディタ(Pcbnew)やフットプリントエディタのアイコンメニューからICに虫眼鏡の「フットプリントビューアを開く」をクリックする。footprint-viewer-icon
  2. 一番左のカラムから追加した公開フットプリントライブラリを選択する。
  3. 右隣のカラムに登録されているフットプリントの一覧が表示されたらOKです。この時にGithubにアクセスするので表示されるまで多少時間がかかることがあります。
  4. 登録されているフットプリントを選ぶと、その内容が表示されます。

footprint-viewer

Githubのフットプリントライブラリを修正可能に

KiCadはGithubレポジトリを操作できないので、Githubにあるフットプリントライブラリは読み込み専用となります。

しかし修正したフットプリントをローカルに保存するオプションを有効にすると、Githubのフットプリントを修正できるようになります。この時修正されたフットプリントはオプションで指定した手元のフォルダ(ディレクトリ)に保存され、Githubの内容より優先的に使用されます。

オプションで指定するフォルダは空でも問題ありませんが、Githubのレポジトリからクローンしてきたフォルダを指定すると、変更内容を簡単にGithubに反映できます。

たとえ自分がレポジトリに書き込み権限があっても同じです。その変わり変更内容をローカルに保存してGithubの内容より優先して使用させることができます。

Githubのフットプリントライブラリを修正可能にするには、オプションを次のように指定します。

  1. 上の「公開フットプリントライブラリをURLを設定」と同じく「PCBライブラリ一覧」ダイアログを開く。
  2. 「発見されたライブラリの一覧」から修正可能にしたいライブラリを選択する。
  3. 「オプション」ボタンをクリックする。
  4. 「追加するオプションの選択」から「allow_pretty_writing_to_this_dir」を選択して「選択したオプションの追加」ボタンをクリックする。
  5. プラグイン設定で「allow_pretty_writing_to_this_dir」の定数に修正したフットプリントを保存するフォルダ(ディレクトリ)を入力する。このフォルダの名前は、KiCadのルールに従い*.prettyにする必要があります。
  6. 「OK」をクリックして設定したオプションを保存する。

github-lib-option

参照

  1. デメリットとしては、Githubにアクセスするのでネット接続が必須になったことと、フットプリント一覧の取得に少し時間がかかることです。このデメリットを回避するためにフットプリントライブラリをダウンロードして使用することも可能です。

  2. 「ウイザードを使用して追加」でも良さそうですが、ユーザが公開しているレポジトリには使用できないようです。

  3. 表示される名前の順番はここでの位置ではなく、名前をASCIIコード順に並べたものになります。すなわち数字で始まるもの、アルファベットの大文字で始まるもの、小文字で始まるものという順番です。

  4. レポジトリの直下ではなくサブディレクトリにフットプリントが置かれていることがありますが、その場合もライブラリのパスにはレポジトリのURLを設定します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です