UbuntuにKiCad 4.0をインストール


KiCad 4.0はUbuntuの標準パッケージには含まれていないのでPPAからインストールする。

KiCadは、Ubuntu 14.04と15.04の標準パッケージに登録されています。ただしこのパッケージのKiCadは、まもなく公開される予定の版に比べてかなり古い版です。そのためまもなく公開されるというKiCad 4.0で使用できる便利な機能がいろいろ使えません1

これからKiCadをUbuntuで使用するのであれば、KiCad 4.0をPPAからインストールすることをオススメします。また今月末に公開予定のUbuntu 15.10では、KiCadが標準パッケージに含まれなくなったかもしれません2。これが間違いでないとすると、Ubuntu 15.10(wily)でKiCadを使うにはPPAからインストールするしか選択肢はありません。

まだリリース前で動作が不安定かもと思われがちですが、約一年開発版を使い続けてきた感じでは確かにちょっと不安定になったことも有りますが要所要所で保存操作を忘れなければ得られるメリットのほうが大きかったです。

KiCad 4.0のインストール

KiCad 4.0のインストールには、ソースからビルドする方法とPPAからパッケージをインストールする方法の二通りが有ります。ここでは最初にPPAを使ったインストール方法を説明します。普通はこの方法で十分ですが、オプション設定を変えたい場合に必要なソースからビルドする方法も説明します。

KiCad 4.0をPPAからインストール

KiCadのPPAパッケージには、PPA for KiCad daily buildsを使用します。

インストールする方法は次のとおりです。

# 4.0のリリース版をインストールするとき。
$ sudo add-apt-repository ppa:js-reynaud/kicad-4

or

# 開発版(daily build)をインストールするとき。
$ sudo add-apt-repository ppa:js-reynaud/ppa-kicad

# 以下は4.0でも開発版でも共通
$ sudo apt-get update
# メニュー等を日本度で表示するためには、kicadだけでなくkicad-locale-jaも必要。
$ sudo apt-get install kicad kicad-locale-ja

必要な環境変数も自動で設定されるはずですが、一応確認しておきます。

$ env | grep KIGITHUB
KIGITHUB=https://github.com/KiCad

KiCad 4.0をソースからインストール

KiCad 4.0をソースからインストールすることも簡単ですが、ソースファイルのダウンロードとコンパイルに非常に時間がかかります。そのことを覚悟してとりかかる必要が有ります。

ソースからインストールすると言ってもインストール用のスクリプトが用意されているので、それを実行するだけです。

  1. インストールスクリプトをダウンロードする。
  2. (オプション)インストールスクリプトのオプション設定を変更する。
  3. インストールスクリプトを実行する3。このスクリプトを実行するだけで、ソースファイルのダウンロードからコンパイルとインストールまで自動的に実行されます。
    $ sh kicad-install.sh --install-or-update
    

    途中必要なパッケージやKiCadの各プログラムをインストールするために管理者権限が必要になるので、sudoによるパスワードの入力が求められます。

参照

  1. KiCad 4.0で加わった便利な機能を使うにはOpenGLが必須ですが、cairo表示を使うことで少しもっさりとはしますが同じ機能を使用することができます。

  2. Ubuntuパッケージの検索検索結果にUbuntu 15.10(wily)向けのkicadパッケージが見つかりません。kicad を名前に含むパッケージ

  3. バージョン管理システムからソースを持ってくるので、ソースを全く持っていない最初は特にソースのダウンロードに時間がかかります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です