org.kde.klauncher5 was not provided


Ubuntu 15.10にアップグレードしたら`kdenlive`でクリップを追加しようとすると「The name org.kde.klauncher5 was not provided by any .service files」というメッセージが表示されてファイルを選択できなくなった。解決にはkinitパッケージをインストールする。

(2015-10-15)この問題は、kdenliveが依存しているkioの問題であった。bug reportを送った直後に同じ内容のbug reportが提出され問題は修正された7

いくつかの動画の編集ソフトを試したところ、私にはkdenliveがしっくりきました。kdenliveは名前からわかるようにデスクトップ環境KDE1のアプリケーションです。Ubuntuは別のデスクトップ環境であるGNOME2が標準ですが、KDEアプリケーションも問題なく使用できます。3

最新のUbuntuはUbuntu 15.04(vivid)ですが、まもなくUbuntu 15.10(wily)が公開される予定4です。そこで一足早く15.10を試してみようとUbuntu 15.04からUbuntu 15.10 betaにアップグレードしたらkdenliveにエラーが発生するようになってしまいました。

Ubuntu 15.10でkdenliveに問題発生

編集したい動画ファイルは「Project」メニューの「Add clip」を選択して、表示されるダイアログでファイルを選択します。しかしUbuntu 15.10にアップグレードしたら次のエラーが表示されて動画ファイルを追加できなくなってしまいました。5

プロセス klauncher と通信できません: The name org.kde.klauncher5 was not provided by any .service files を開始できませんでした。

kdenlive-error

kinitパッケージが必要

誰か同じ問題にぶつかって解決策がないかとエラーメッセージ「org.kde.klauncher5 was not provided by any .service files」をキーワードとしてググったところ、Ubuntuのバージョンは違うもののぴったりなページ6が見つかりました。

このMenachemさんによるとklauncherはkinitパッケージに含まれており、このパッケージをインストールすれば解決するとこのことでした。

そこで次のようにkinitパッケージをインストールしました。

$ sudo apt-get install kinit

するとクリップの追加で表示されていたエラーメッセージがなくなり、動画ファイルを選択できるようになりました。

またkinitの他にkioパッケージが必要だった6とのことですが、dpkg -l|grep kioしてみたところ、kdenliveをインストールした時にkioパッケージがインストールされていました。

参照

  1. KDE –Wikipedia

  2. GNOME – Wikipedia

  3. KDEとGNOMEのアプリケーションは共存して使用することができます。ただし同じデスクトップ環境間では可能なファイルのドラッグ・アンド・ドロップによる受け渡しなど連携はできないかもしれません。

  4. Ubuntu 15.10(wily)は、2015年10月22日公開の予定です。Wily Werewolf Release Schedule

  5. kdenliveで動画ファイルを追加できなくなったのはUbuntu 15.10のベータ版での話です。バグレポートも送っているので、この問題は公開までには修正されていると思います。

  6. Problem with KDE programs after upgrading to 15.04 – ask ubuntu

  7. 後から提出されたbug reportはすぐに修正されて、私のbug repotが放置ってなんだか悔しい。分かりやすく書いたつもりだけど、レポートのフォーマットに則している方が強いな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください