PT2で地デジと衛星放送を録画


chardev版のPT2ドライバをUbuntu 16.04にインストールしてテレビ放送(地デジ)を録画できるようにしました。以前は録画できるようになるまで結構苦労した気がするのですが、今回はすんなると簡単に録画サーバになりました。

これまでUSB接続の地デジチューナーを使用していましたが、しばらく前に壊れて録画できなくなっていました。しかしサーバを新しくセットアップしたので、改めて録画サーバ機能をセットアップしました。

いくつかの地デジチューナーを使用できるようですが、今回はあまり手間を掛けたくなかったので、デファクトスタンダードなPT2を使用することにしました。PT2はPCIバス接続という制限がありますが枯れたカードで、思いの外すんなりと必要なソフトをインストールすることができました。

構成

OS Ubuntu 16.04
チューナーカード PT2 Rev. B
ICカードリーダー SCR3310-NTTCom
B-CASカード 地デジ専用または衛星放送対応
チューナーカード
Linuxで使用できるチューナーカードはいくつかありますが、デファクトスタンダードはアースソフトのPT2とPT3です。しかしPT2はとっくに製造が終了しており、PT3も製造終了1となってしまいました。そのため最近はプレミア価格でPT3がヤフオクに出回っています。
今回は、手頃な価格で中古が手に入るPT2を使用しました。ただしこのカードは現在一般的なPCI Expressではない前世代のPCIバスに接続するので、購入前にPCIカードを取り付けられるか確認しておく必要があります。
B-CASカード
地デジ放送や衛星放送を視聴するには、テレビで視聴するときと同じようにそれぞれに対応したB-CASカードが必要です。PT2(PT3)にはこのカードが付属しません。そのためテレビやレコーダから抜いてくるか、B-CASカード付きのチューナーを別に購入する必要があります。
ICカードリーダ
B-CASカードの情報を読み取るために、USB接続の接触型ICカードリーダが必要です。
今回は以前から使用しているSCR3310-NTTComを使用しましたが、現在はこちらも製造終了しているようです。こちらも中古が結構流通しているようですが、別のICカードリーダーも結構な確率で使用できそうです。

ソフトのインストール

ICカードリーダーのパッケージをインストール

まずICカードリータのパッケージをインストールします。

$ sudo apt install pcscd pcsc-tools

# B-CAS を認識できるか確認
$ pcsc_scan

...
Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)

pcsc_scanコマンドを実行しして、Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)が表示に含まれればOKです。このコマンドは実行したままになるので、Ctrl-Cで停止させます。

dvb版PT2ドライバーを削除

地デジチューナのPT2を組み込むとdvb版ドライバがロードされます。このドライバを使用しないのでカーネルから削除します。

$ lsmod | grep earth_pt1
earth_pt1              28672  0
dvb_core              122880  1 earth_pt1

$ sudo rmmod earth_pt1

# ドライバーのロードを禁止する。
$ nano /etc/modprobe.d/blacklist.conf

また次回再起動した時に自動的にロードしないように/etc/modprobe.d/blacklist.confを編集しておきます。次の内容をファイルの最後に加えておくと、earth_pt1をロードしなくなります。

blacklist earth_pt1

chardev版PT2ドライバをインストール

新しくchardev版のPT2用ドライバーを取得してインストールします2

$ wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/tip.tar.bz2
# tarのaオプションは、拡張子から自動的に圧縮アルゴリズムを識別してくれて便利。
$ tar axvf tip.tar.bz2
$ cd pt1-c8688d7d6382/driver

ただしこのままではコンパイルに失敗するので、次のパッチをpt1_pci.cに当てます3

--- pt1_pci.c.orig	2016-05-07 05:49:56.494036485 +0900
+++ pt1_pci.c	2016-05-07 05:50:05.597766146 +0900
@@ -16,6 +16,9 @@
 #include <asm/system.h>
 #endif
 #include <asm/io.h>
+#if LINUX_VERSION_CODE >=KERNEL_VERSION(4,2,0)
+#include <linux/vmalloc.h>
+#endif
 #include <asm/irq.h>
 #include <asm/uaccess.h>

このままインストールすると、カーネルをアップデートするたびに毎回コンパイルと再インストールが必要になります。そこでカーネルがアップデートされるたびに自動的に再コンパイルと再インストールされるようにDKMSに登録しておきます4

まず必要なパッケージをインストールして、ソースをコピーします。

$ sudo apt install dkms

$ sudo cp -r ../driver /usr/src/pt1-c8688d7d6382
# DKMS用の設定ファイルを作成する。
$ sudo nano /usr/src/pt1-c8688d7d6382/dkms.conf

DKMSに登録するためには、設定ファイルdkms.confを作成してソースのディレクトリに保存しておきます。設定ファイルの内容は、次のようになります。

PACKAGE_NAME="pt1"
PACKAGE_VERSION="c8688d7d6382"
CLEAN="make clean"
MAKE="make"
BUILT_MODULE_NAME="pt1_drv"
DEST_MODULE_LOCATION="/kernel/drivers/video/"
AUTOINSTALL="YES"

DKMSを使ってドライバーをインストールします。

$ sudo dkms install -m pt1 -v c8688d7d6382
$ sudo dkms status | grep pt1
pt1, c8688d7d6382, 4.4.0-21-generic, x86_64: installed

# ドライバーをカーネルにロードする。
$ sudo modprobe pt1_drv
$ lsmod|grep pt1
pt1_drv                40960  0

ただ私の環境だけかチューナのデバイスファイルのモードが、rootのみ読み書き可能で、他のユーザはアクセスできないように設定されてしまいます。

$ ls -l /dev/pt1video*
crw------- 1 root root 245, 0  5月  7 07:20 /dev/pt1video0
crw------- 1 root root 245, 1  5月  7 07:20 /dev/pt1video1
crw------- 1 root root 245, 2  5月  7 07:20 /dev/pt1video2
crw------- 1 root root 245, 3  5月  7 07:20 /dev/pt1video3

このままでは録画する時に不便なので、次のエントリーをrootのcrontabに登録して再起動するたびにデバイスファイルのモードを変更しています。

@reboot chmod a+rw /dev/pt1video*

rootのcrontabに登録するには、次のコマンドを使用します。

$ sudo crontab -e

これで誰でもアクセスできるようになりました。

$ ls -l /dev/pt1video*
crw-rw-rw- 1 root root 245, 0  5月  7 12:48 /dev/pt1video0
crw-rw-rw- 1 root root 245, 1  5月  7 12:48 /dev/pt1video1
crw-rw-rw- 1 root root 245, 2  5月  7 12:48 /dev/pt1video2
crw-rw-rw- 1 root root 245, 3  5月  7 12:48 /dev/pt1video3

録画ソフトをインストール

PT2用のchardevドライバーをインストールしたら、録画するプログラムをインストールします。

ただし放送のデコードに必要なライブラリarib25が含まれていないので、昔のソースから取り出して事前にインストールしておく必要があります。

$ sudo apt install zip pkg-config libpcsclite-dev

$ wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/c44e16dbb0e2.zip
$ unzip c44e16dbb0e2.zip && cd pt1-c44e16dbb0e2/arib25
$ make && sudo make install

arib25をインストールしたら、録画プログラムをインストールします。

$ cd ~/pt1-c8688d7d6382/recpt1
$ sudo apt install autoconf automake
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-b25
$ make && sudo make install

録画テスト

全ての準備が整ったら、まずは受信信号を調べてみます。

$ checksignal 13
device = /dev/pt1video2
C/N = 33.592474dB

オプションの13は、地デジのチャンネルです。これは一般的なNHKなら1chとかのチャンネルとは別で、周波数チャンネルです。この対応は地域(送信塔)毎に異なっているので、対応表で自分の所の周波数チャンネル5を調べておく必要があります。

checksignalを終了するには、Ctrl-Cを入力します。

最後は実際に1分ほど13chを録画して見ます。

$ recpt1 --b25 --strip 13 60 test.mpg
using B25...
enable B25 strip
pid = 6840
C/N = 33.701023dB
Recording...
ecorded 62sec

これで100MiB前後のファイルが作成されるので、VLCなどの再生ソフトでちゃんと録画出来ているか確認します。

実際に使用するには、周波数チャンネルを指定したり時間を秒で指定するのが面倒です。そこで簡単なラップスクリプトを作っておくと便利になります。

参照と脚注

  1. アースソフトの地デジチューナー「PT3」が生産終了に – AKIBA Hotline!

  2. pt2/chardev

  3. パッチの作成には、Linux/テレビ関連/PT2を参考にさせてもらいました。

  4. PT2ドライバをDKMSに登録 – Kung Noi Blog

  5. 放送の周波数チャンネルを調べるには、マスプロの地上デジタル放送 チャンネル一覧表が便利です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です