カテゴリー別アーカイブ: ツール

Bitscope Microを購入

ロジックアナライザー兼オシロスコープのBitscope Microを購入しました。日曜日の注文でしたが、注文完了から4日で到着しました。

電子工作をしているとやはりある程度の測定機器が欲しくなります。これまではデジタルな変化だけを見ていれば良かったの秋月電子で買ったパソコンにつないで使う16chのロジックアナライザーで十分でした。しかし周期的に変動するアナログ信号を取り込もうとするとオシロスコープが欲しくなります。

探した中で一番安かったのは、Amazonで見つけたヴァーチュアル オシロスコープ DDS-120(サインスマート)でした。値段は約8000円にもかかわらず本格的なプローブが付属しているのも魅力的です。一応ロジックアナライザー機能も付いているとのことです。カスタマーレビューでも値段を考えてある程度割り切ればまずまずと言ったところです。

ほぼこのヴァーチュアル オシロスコープ DDS-120に決めかけてカートにまで入れたのですが、もう少し探したところSWITCH SCIENCEさんのブログにBitscope Microの事が紹介されていました。Raspberry Piにピッタリ=Linuxでも使用できるということで俄然Bitscope Microに興味が湧いてきました。WindowsとMax OS Xにも対応です。

Bitscope Microとは

Bitscope社は、これまでUSB接続のBitscope Model 10という2chのアナログ入力と8chのデジタル入力を持ったロジックアナライザー兼オシロスコープなどを販売していました。この春に発売されたBitscope Micro(USB BITSCOPE 05)は、ケースを省略したりデジタル入力のチャンネルを6chに削減した廉価版です。

廉価版なのでアナログ入力のバンド幅が100MHzから20MHzに狭まっていますが、デジタル入力の解像度は40MSample/secで変わりありません。またアナログ入力はデジタル入力としても使用できるので、アナログ入力が不要であれば8chのデジタル入力としても使用できます。プロトコルアナライザーとして使用できるのはデジタル入力専用の6chのみですが、対応プロトコールの種類もSPI, CAN, I2C, UARTと変わりありません。

ケースが省略されていると基板がむき出しで感電する危険性があるので、基板全体が熱収縮チューブで保護されて触っても問題ないようになっています。USBケーブルを接続した状態でシュリンクされているのでケーブルを外すことはできません。これを外せるとよりコンパクトに保管できるのに。

Bitscope Microを注文

Bitscope Microの値段はUS$145+送料で、Amazonで見つけたオシロスコープに比べると倍近い値段です。でもLinuxで使えてプロトコルアナライザー付きのロジックアナライザーとしても使えると聞いたらこれを買わずにはいられません。

発送方法は、最短2日で届くExpressから平均5日かかるStandard(保険なし)までいくつか選択肢がありますが、今回はおススメだった3日で届くPriorityで発送してもらいました。

支払方法はクレジットカードの他にも選べるようですが、オンラインでは行えないようなので相手を信じてカード払いにしました。価格は日本円で表示させることもできますが表示だけで、カードへの請求はオーストラリアドルで行われます。そのため表示される日本円での額と実際の支払額が為替の変動により多少上下します。

ということで8月10日(日曜日)の深夜に注文したところ、翌11日の発送で14日に到着しました。請求額は、Priority送料を含めてAU$178(17140円)でした。

Bitscopeの内容物

Bitscope Microは、文庫本サイズの箱に入って届きました。内容物は次の通りです。

2014-08-22_1

  • Bitscope Micro本体
  • ICクリップ(グラバークリップ)付きリード線10本
  • 簡単な説明書
  • 端子の説明カード
  • 仕様書

ドライバーとオシロスコープやロジックアナライザーなどのソフトは、Bitscopeのサイトからダウンロードします。