「インストール・アップグレード」カテゴリーアーカイブ

UbuntuにKiCad 4.0をインストール

KiCad 4.0はUbuntuの標準パッケージには含まれていないのでPPAからインストールする。

KiCadは、Ubuntu 14.04と15.04の標準パッケージに登録されています。ただしこのパッケージのKiCadは、まもなく公開される予定の版に比べてかなり古い版です。そのためまもなく公開されるというKiCad 4.0で使用できる便利な機能がいろいろ使えません1

これからKiCadをUbuntuで使用するのであれば、KiCad 4.0をPPAからインストールすることをオススメします。また今月末に公開予定のUbuntu 15.10では、KiCadが標準パッケージに含まれなくなったかもしれません2。これが間違いでないとすると、Ubuntu 15.10(wily)でKiCadを使うにはPPAからインストールするしか選択肢はありません。

まだリリース前で動作が不安定かもと思われがちですが、約一年開発版を使い続けてきた感じでは確かにちょっと不安定になったことも有りますが要所要所で保存操作を忘れなければ得られるメリットのほうが大きかったです。

KiCad 4.0のインストール

KiCad 4.0のインストールには、ソースからビルドする方法とPPAからパッケージをインストールする方法の二通りが有ります。ここでは最初にPPAを使ったインストール方法を説明します。普通はこの方法で十分ですが、オプション設定を変えたい場合に必要なソースからビルドする方法も説明します。

KiCad 4.0をPPAからインストール

KiCadのPPAパッケージには、PPA for KiCad daily buildsを使用します。

インストールする方法は次のとおりです。

# 4.0のリリース版をインストールするとき。
$ sudo add-apt-repository ppa:js-reynaud/kicad-4

or

# 開発版(daily build)をインストールするとき。
$ sudo add-apt-repository ppa:js-reynaud/ppa-kicad

# 以下は4.0でも開発版でも共通
$ sudo apt-get update
# メニュー等を日本度で表示するためには、kicadだけでなくkicad-locale-jaも必要。
$ sudo apt-get install kicad kicad-locale-ja

必要な環境変数も自動で設定されるはずですが、一応確認しておきます。

$ env | grep KIGITHUB
KIGITHUB=https://github.com/KiCad

KiCad 4.0をソースからインストール

KiCad 4.0をソースからインストールすることも簡単ですが、ソースファイルのダウンロードとコンパイルに非常に時間がかかります。そのことを覚悟してとりかかる必要が有ります。

ソースからインストールすると言ってもインストール用のスクリプトが用意されているので、それを実行するだけです。

  1. インストールスクリプトをダウンロードする。
  2. (オプション)インストールスクリプトのオプション設定を変更する。
  3. インストールスクリプトを実行する3。このスクリプトを実行するだけで、ソースファイルのダウンロードからコンパイルとインストールまで自動的に実行されます。
    $ sh kicad-install.sh --install-or-update
    

    途中必要なパッケージやKiCadの各プログラムをインストールするために管理者権限が必要になるので、sudoによるパスワードの入力が求められます。

参照

  1. KiCad 4.0で加わった便利な機能を使うにはOpenGLが必須ですが、cairo表示を使うことで少しもっさりとはしますが同じ機能を使用することができます。

  2. Ubuntuパッケージの検索検索結果にUbuntu 15.10(wily)向けのkicadパッケージが見つかりません。kicad を名前に含むパッケージ

  3. バージョン管理システムからソースを持ってくるので、ソースを全く持っていない最初は特にソースのダウンロードに時間がかかります。

org.kde.klauncher5 was not provided

Ubuntu 15.10にアップグレードしたら`kdenlive`でクリップを追加しようとすると「The name org.kde.klauncher5 was not provided by any .service files」というメッセージが表示されてファイルを選択できなくなった。解決にはkinitパッケージをインストールする。

(2015-10-15)この問題は、kdenliveが依存しているkioの問題であった。bug reportを送った直後に同じ内容のbug reportが提出され問題は修正された7

いくつかの動画の編集ソフトを試したところ、私にはkdenliveがしっくりきました。kdenliveは名前からわかるようにデスクトップ環境KDE1のアプリケーションです。Ubuntuは別のデスクトップ環境であるGNOME2が標準ですが、KDEアプリケーションも問題なく使用できます。3

最新のUbuntuはUbuntu 15.04(vivid)ですが、まもなくUbuntu 15.10(wily)が公開される予定4です。そこで一足早く15.10を試してみようとUbuntu 15.04からUbuntu 15.10 betaにアップグレードしたらkdenliveにエラーが発生するようになってしまいました。

Ubuntu 15.10でkdenliveに問題発生

編集したい動画ファイルは「Project」メニューの「Add clip」を選択して、表示されるダイアログでファイルを選択します。しかしUbuntu 15.10にアップグレードしたら次のエラーが表示されて動画ファイルを追加できなくなってしまいました。5

プロセス klauncher と通信できません: The name org.kde.klauncher5 was not provided by any .service files を開始できませんでした。

kdenlive-error

kinitパッケージが必要

誰か同じ問題にぶつかって解決策がないかとエラーメッセージ「org.kde.klauncher5 was not provided by any .service files」をキーワードとしてググったところ、Ubuntuのバージョンは違うもののぴったりなページ6が見つかりました。

このMenachemさんによるとklauncherはkinitパッケージに含まれており、このパッケージをインストールすれば解決するとこのことでした。

そこで次のようにkinitパッケージをインストールしました。

$ sudo apt-get install kinit

するとクリップの追加で表示されていたエラーメッセージがなくなり、動画ファイルを選択できるようになりました。

またkinitの他にkioパッケージが必要だった6とのことですが、dpkg -l|grep kioしてみたところ、kdenliveをインストールした時にkioパッケージがインストールされていました。

参照

  1. KDE –Wikipedia

  2. GNOME – Wikipedia

  3. KDEとGNOMEのアプリケーションは共存して使用することができます。ただし同じデスクトップ環境間では可能なファイルのドラッグ・アンド・ドロップによる受け渡しなど連携はできないかもしれません。

  4. Ubuntu 15.10(wily)は、2015年10月22日公開の予定です。Wily Werewolf Release Schedule

  5. kdenliveで動画ファイルを追加できなくなったのはUbuntu 15.10のベータ版での話です。バグレポートも送っているので、この問題は公開までには修正されていると思います。

  6. Problem with KDE programs after upgrading to 15.04 – ask ubuntu

  7. 後から提出されたbug reportはすぐに修正されて、私のbug repotが放置ってなんだか悔しい。分かりやすく書いたつもりだけど、レポートのフォーマットに則している方が強いな。

Webブラウザのタブにオリジナルアイコンを表示

アイコン画像(16px X 16pxと32px X 32px)を用意して、GIMPまたはnetpbmを使用してfavicon.icoを作成する。作成したファイルをWebページのトップディレクトリーに保存する。

WebページをChromeなどで表示すると、タブやアドレスバーにサイト独自のアイコン(favicon)が表示されます。このサイトでも使用しているWordpressは、インストールしただけではfaviconが表示されません。そこでWordpressを使用したサイトでfaviconを表示するようにしてしてみました。

faviconとは

faviconを簡単に説明する1と、もともとは名前から想像できるようにMicrosoft Internel Explorer(IE)の「お気に入り」に登録された時に表示されるデコレーションアイコンでした。それが時代を経て現在のブラウザーでは、サイトを識別しやすいようにタブやアドレスバーにも表示されるようになりました。

favcionはIEの独自機能であったためにfaviconは標準化されていませんが、全てのブラウザーがWindowsのアイコンファイル形式(*.ico)をサポートしています。現在はWindowsアイコンファイルの他に、多くのブラウザーでGIPとPNG形式も使用できます2

しかしあえてGIFやPNGを選択する必要もないので、ここでは全てのブラウザーで表示できるWindowsアイコンファイルのfavicon.icoを作成します。

Linux環境でfaviconを作成

faviconを作成するWebサービスも有りますが、Linux(Ubuntu)環境で使用できるGIMPとnetpbmを使ってfaviconの作成方法を作成しました。

アイコン画像の準備

まずアイコンに使用する16×16ピクセルと32×32ピクセルのアイコン画像を用意します。アイコンの元となる画像がある場合は、GIMPやimagemagickパッケージのconvertなどで縮小します。

機械的に縮小したファイルをそのまま使うのでなく、すこし修正したほうが選り見やすいアイコンになります。絵心の必要な作業なので、機械的に縮小したものを使って不満があったら修正する程度で良いかと思います。

GIMPを利用してfaviconを作成

まずGIMPをインストールし、GIMPを起動します。

$ sudo apt-get install gimp
$ gimp &

GIMPを起動させたら、次のようにしてfavicon.icoを作成します。

  1. 「File」メニューの「Open…」を選択して、縮小した画像ファイルを開きます。GIMP-open
  2. 「File」メニューの「Open as Layers…」を選択して、残りの縮小した画像ファイルを開きます。GIMP-open-layers
  3. 「File」メニューの「Export AS …」を選択して、Export Imageダイアログを開きます。
  4. 表示されたダイアログの下の方に「Select File Type」があるので、「By Extension」または「Microsoft Windows icon」になっていることを確認します。GIMP-export
  5. Nameをfavicon.icoとして、「Export」ボタンをクリックしてアイコンファイルを保存します。

コマンドラインからfaviconを作成

コマンドラインからfaviconを作成するには、netpbmパッケージに含まれるコマンドを使用します。

$ sudo apt-get install netpbm

$ ppmtowinicon -o favicon.ico <(pngtopnm icon16.png|pnmquant 256) <(pngtopnm icon32.png|pnmquant 256)

# bashは、標準出力を普通のリダイレクトではなくファイルに見せかけてコマンドの引数に使えて便利。
# シェルがbashでない場合は、pnm形式の中間ファイルを作成する。

$ pngtopnm icon16.png|pnmquant 256 > icon16.pnm
$ pngtopnm icon32.png|pnmquant 256 > icon32.pnm
$ ppmtowinicon -o favicon.ico icon16.pnm icon32.pnm

pnmquantを通しているのは、Windowsのアイコンに使用できる色数が最大256色なので、色数を256以下に制限するためです。

Ubuntu 15.10 (Wily)でインストールされるnetpbmパッケージのバージョンは10.0ですが、今後netpbmが10.44より新しいバージョンに置き換えられた場合は、pngtopnmppmtowiniconが廃止になるのでpngtopampamtowiniconを使用します。

faviconを設置

作成したfavicon.icoは、http://site/favicon.icoでアクセスできるようにWebページのトップディレクトリーに置きます3

faviconを設置したWebページを開いて正しく表示されることを確認します。表示されない時は、サーバのアスセスログを確認してfavicon.icoにアクセスしているか・エラーが無く取得されているか確認します。

参照

  1. Favicon – Wikipedia

  2. GIFとPNG形式のアイコンファイルを使用するには、全てのページのHTMLファイルに次のリンクタグを入れてアイコンファイルを指定します。

    <link rel="shortcut icon" href="http://example.com/icons/favicon.png" />
    <link rel="icon" href="http://example.com/icons/favicon.png" />
    
  3. WordPressでは、テーマのヘッダーファイルに次のリンクタグを挿入して全てのページでfaviconを表示させることも可能です。

    <link rel="shortcut icon" href="http://example.com/icons/favicon.ico" type="image/vnd.microsoft.icon" />
    <link rel="icon" href="http://example.com/icons/favicon.ico" type="image/vnd.microsoft.icon" />
    

Ubuntu on Native ZFSを15.04へアップグレードする時の注意点

このメモは、ZFS On Linux(ZOL)をUbuntuのRootファイルシステムとしている場合の話です。

Ubuntu 15.04(Vivid Vervet)が、予定どおり公開されました

早速Ubuntu 14.10から15.04にアップグレードと行きたいところですが、upstartがsystemdに変更によるものなどいくつかの注意点が有りました。

注意点は、次の3つです。

zfs.koの確認を忘れない

これは毎回リリース・アップグレードをする時の注意点です。

ZFS On Linuxは、外部パッケージとして提供されるカーネルモジュールです。そのためカーネルの版が変わる度に新しくモジュールを作ってインストールする必要が有ります。もっともDKMSが自動的にインストールしてくれるので普段のapt-get dist-upgradeでは気にする必要はありません。

今回の14.10から15.04へなどリリースアップグレード時には外部パッケージのソースが無効にされてしまいます。そのため新しいカーネルがインストールされても対応するZFSのカーネル・モジュールはインストールされないかもしれません。もし対応するカーネル・モジュールがインストールされなければ、再起動してカーネルが変わると起動できなくなってしまいます。

そこでリリース・アップグレードをしたら、再起動する前に必ず新しいカーネルに対応するZFSモジュールが有るか確認します

$ sudo zfs snap -r tank@20150424 # upgradeに失敗してもrollbackで元に戻せる。
$ sudo zfs clone tank/ROOT/ubuntu@20150424 tank/ROOT/utopic # optional
$ sudo backup-zfs.sh # バックアップを取る

$ sudo apt-get update && sudo apt-get install -y update-manager-core
$ do-release-upgrade

... アップグレード ...

アップグレードを完了するには再起動が必要です。 
'Y' を選択すると再起動します。 

続行する[yN] # Nを選択して再起動しない

$ find /lib/modules -name zfs.ko -print
/lib/modules/3.19.0-15-generic/updates/dkms/zfs.ko

今回は新しいカーネルに対応するモジュールが有るので、このまま再起動しても大丈夫かも。ただしutopicのソースから作成されたモジュールなのでアップグレードしておく。

$ sudo nano /etc/apt/sources.list.d/zfs-native-*.list
$ sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade -y

$ sudo shutdown -r now

mountall問題

Ubuntu 15.04の大きな変更点は、upstartの代わりにsystemdが使われるようになったことです。

この影響でmountallがRoot以外のZFSをマウント出来なくなってしまいました。そのため/varなど細かいファイルシステムに分けていると正しく起動できません。起動までに必要なファイルが全てRootと同じファイルシステム内に有れば起動には問題有りません。

ただしユーザが作成したZFSは起動時にはマウントされていません。そこでmountallが修正されるまでのworkaroundは、起動した後にcrontabなどからzfs mountを呼び出してマウントしています。

@reboot /sbin/zfs mount -a -O

起動した後でzpool importした場合は、問題なくmountpoint設定に応じて自動的に指定場所にマウントされます。

zpool upgradeしないこと

これはUbuntu 15.04へのアップグレードとは直接関係なく、どのバージョンのUbuntuを使っていても注意する必要がある点です。

先日ZFS On Linux 0.6.4が公開されました。この版では、ZPOOLに新しい機能がいろいろ追加されました。

しかしUbuntuを起動させるGrubがまだ新しい機能を有効にしたZPOOLに対応していません。そのためzpool upgradeで新しい機能を有効にしてしまうとGrubがファイルシステムを見つけられなくなり、結果としてシステムを起動できなくなったしまいます。

GrubがZPOOLを認識しない
GrubがZPOOLを認識しない

また新規にRootファイルシステムとなるZPOOLを作成する時には、次のようにこれまでの機能のみを有効にして作成します。

zpool create -f -d -o feature@async_destroy=enabled -o feature@empty_bpobj=enabled -o feature@lz4_compress=enabled -o ashift=12 -o autoexpand=on -O atime=off pool_name devices